kanako abe

kanako
abe

Conductor /
Composer /
Pianist

sign(jp) sign(jp)

良い音楽家である前に良い人間である。

音楽は手段に他ならない。
音楽が人類にもたらすもの、役割についていつも考え続けている。
「人間の創造性の擁護」と「教育の推進」。その2つを私は大切にしている。

topics&news

Biography

プロフィール

profile_photo

オランダ在住。東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、パリ国立高等音楽院にて作曲に関連する6つの課程とともに日本人として初めて同音楽院指揮科で学び、フォンティス総合芸術大学大学院指揮科(オランダ)にて修士号を取得。

これまでに作曲を永冨正之、管弦楽法をマルク=アンドレ・ダルバヴィ、楽曲分析をミカエル・レヴィナス、ピアノと伴奏法をジャン・ケルネル、指揮をジョルト・ナジ、ヤーノシュ・フュルスト、ファビオ・ルイージ、エティエンヌ・シーベンスなどに師事。

パリ国立高等音楽院在学中より、ヨーロッパを活動の拠点に、指揮者、ピアニスト、作曲家として多方面で活躍する。

音楽活動

port

2005年にパリ管弦楽団やアンサンブル・アンテルコンタンポラン等のメンバーからなる現代音楽アンサンブル「ミュルチラテラル」を創設、2014年まで音楽監督を務める。また、その間にチューリッヒ歌劇場やモンペリエ国立歌劇場でファビオ・ルイージ、エンリケ・マッツォーラ、ロレンス・フォスター等のアシスタントを務め、イル・ド・フランス国立管弦楽団、モンペリエ国立管弦楽団、ロレーヌ国立管弦楽団、ルーマニア放送交響楽団、ジュネーヴ室内管弦楽団などに客演している。

現在は、2015年より現代音楽アンサンブル「Tokyo Ensemnable Factory」、2019年より和楽器と西洋楽器をコラボレートした「アンサンブル室町」のミュージック・パートナーを務める。

port

日本では2014年より指揮活動を開始し、これまでに東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック、大阪交響楽団、広島交響楽団、群馬交響楽団などと共演している。

2019年6月には東京オペラシティ文化財団主催「武満徹作曲賞」本選演奏会の指揮者に抜擢され、2021年5月に2度目の登場を果たした。今後のスケジュールでは、2021年11月と2022年3月に日本での演奏会が予定されている。

port

2021年4月にはArchipel音楽祭にてジュネーヴ室内管弦楽団に初共演、好評を博し同年11月に同楽団の名曲演奏会に再登場が決まっている。2021年10月にはフランス・ドーム交響楽団と、第1回デュティユー音楽祭の開幕演奏会で楽団初の女性指揮者としてギャルド・レピュブリケーヌ管弦楽団との初共演が決まっている。

2022年7月には、ブシュラ・エル=トゥルクの新作オペラ「Woman at Point Zero」の指揮の世界初演、同プロダクションにて、エクサンプロヴァンス音楽、オールドバラ音楽祭、ロイヤル・オペラハウスなどヨーロッパ各地の歌劇場へのツアーが予定されている。

port

レパートリーは古典から現代音楽まで全てをカバーしているが、特に同時代音楽を積極的に取り上げており、これまでにIRCAMとの提携、ラジオ・フランスへの録音をはじめ、ストラスブール音楽祭、ヴェネツィア国際現代音楽祭などで130曲以上の世界初演の指揮を手がける一方、自身も作曲家としてのキャリアを歩み続けており、2023年には遠藤周作の小説「沈黙」を原作とするオペラ「パドレ」が作曲者自身の指揮によりフランスの複数の歌劇場で上演される予定である。

port

音楽メディアでは、これまでに「レジス・カンポ Pop-Art」(æon)をはじめ、ヴォデニチャロフの室内オペラ「雪女」(Gega New)など10枚のCDを海外でリリースしている。また、ラジオ・フランスへのレコーディングも定期的に行っており、2012年に指揮者として参加したセバスチャン・リヴァスのラジオオペラ「幻覚の夜」はイタリア放送協会主催の国際番組コンクールで最高賞であるイタリア賞を受賞した。

日本国内では、2021年に佐藤聰明作品集《水を掬えば月は手に在り》他(ALM RECORDS)、鈴木純明作品集「ラ・ロマネスカ」(フォンテック)が相次いでリリースされた。

( 2021年8月 )