HOME
ABOUT
SCHEDULE
MUSIC
VIDEOS
REPERTOIRE
GALLERY
LINKS
CONTACT
BLOG
FacebookTwittermixi
日本語
ENGLISH
FRANÇAIS

Kanako Abe 阿部加奈子 (Kanako Abe)

パリ在住の指揮者、ピアニスト。

大阪市に生まれ、2歳より母からピアノの手ほどきを受ける。相愛音楽教室、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、パリ国立高等音楽院に入学し、7つのクラス(和声・対位法・フーガ・管弦楽法・楽曲分析・器楽伴奏・指揮)を修業する。これまでに、作曲を永冨正之、ピアノ伴奏法をジャン・ケルネール、管弦楽法をマーク=アンドレ・ダルバヴィ、楽曲分析をミカエル・レヴィナス、指揮法をフュルスト・ヤーノシュ、ナジ・ジョルト、エトヴェシュ・ペーテル他に師事している。

2005年にパリで現代音楽アンサンブル、ミュルチラテラル(Multilatérale)を創設、音楽監督に就任する。

2006年には第50回ヴェネツィア・ビエンナーレ現代芸術祭に招待され、ミカエル・レヴィナスのオペラを指揮したほか、2014年までに90作を超える新作の初演を行っている。

オペラ作品にも造詣が深く、パリ管弦楽団合唱団の練習ピアニスト、オペラ公演のコーチなどの経験を経た後2008年から2009年にかけては、モンペリエ国立歌劇場副指揮者として、ローレンス・フォスター、イェジー・セムコフ、アラン・アルティノグリュ、エンリケ・マッツォーラ等の指揮助手を務める。また、モンペリエ国立管の演奏会やオペラ公演を数多く指揮する。2010年10月にはチューリッヒ歌劇場でのマーク=アンドレ・ダルバヴィのオペラ『ジェズアルド』世界初演の副指揮を担当した。2014年にはファビオ・ルイージの副指揮者としてアルフレード・カゼッラのオペラ『蛇女』の公演に携わった。

現在までに、指揮者・ピアニストとして武満徹ピアノ作品集を含む5枚のCDをリリースしている。またラジオ・フランスなどでのラジオ録音も定期的に行っている。

2012年に録音したラジオ・オペラ「幻覚の夜」はPRIX ITARIA賞を受賞し、全ヨーロッパのラジオにて放送された。

これまでの主な客演先はモンペリエ国立管弦楽団、ロレーヌ国立管弦楽団、コンセール・パドルー、ニース交響楽団、リール国立管弦楽団、バスク交響楽団、パリ国立高等音楽院管弦楽団、Ensemble l'Itinéraire、Smash Ensemble、Ensemble Zellig、オーケストラ・ニッポニカなど。

2011年3月の東日本大震災勃発後、4月10日に国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)パリ本部国際第一会議場にてチャリティー演奏会を企画、実行委員長として有志音楽家からなる「ジャポネードオーケストラ」を指揮した。

2013年より日仏現代音楽協会代表。

2014年よりインドネシア・ユース交響楽団の音楽監督ならびに、若い世代への現代作品の普及を目的として設立されたアンサンブルMusica Universalisの芸術監督を務める。




kanakoabe.com  |  KANAKO ABE  ORCHESTRA CONDUCTOR
Copyright © KANAKO ABE 2010 All Rights Reserved.